角栓はつぶさないこと

鏡を見ると、鼻の頭に黒いブツブツができていて、びっくりした経験をした人は多いでしょう。

この鼻の頭にできるブツブツのことを角栓と言います。 この角栓はとても目立つので、その角栓を手で押し出して、鼻の頭をきれいにしている人も多いことででしょう。

鼻の周りに角栓ができたときに、その角栓を取り除くことが別に悪いことではありませんが、角栓を取り除いたあとのケアを怠ると、その場所ににきびができることがあります。

角栓を取り除いたときには、その場所に雑菌がはいらないようなケアをしっかりするようにしましょう。

ここでは、角栓の正しい取り方をご紹介します。

まず、角栓ができた個所を化粧水や美容液でやわらかくしておいてください。そして、コットンを使って角栓の周りを押します。 そうすることで、、きれいに角栓が取れます。

角栓を取るのは、1週間に2回程度にしておいてください。 また、お肌の調子がよくないと感じるときは、角栓を取るのを控えるようにしましょう。

このページの先頭へ