化粧品選びはとても大切

化粧品を選ぶときに自分の肌に合わないものをずっと使い続けると、ニキビの原因になります。

化粧品には、いろいろな化学物質が使われています。 この化学物質が肌に合わないものですと、化学物質と皮脂が化学反応を起こしてニキビができてしまいます。

まず、自分の肌に合う化粧品を使うようにしましょう。 化粧品を試用したときに肌に違和感をすこしでも感じたときは、他の化粧品を使用してください。

お肌からの信号を敏感に感じるようにしましょう。 また、化粧品を毎日、しっかりと落とすことも忘れないようにしましょう。

化粧をしたまま眠ってしまうと、すぐにニキビができてしまうので注意してください。

化粧品の選び方で注意しなければいけない人は、乾燥肌肌の人です。 乾燥肌の人は、肌が乾燥しやすいので、その乾燥を防ぐためにワセリンが入った化粧品を使う傾向があります。

ワセリンが入っている化粧品を使用している場合は、乾燥を防ぎたいために過度にワセリン入りの化粧品を塗ることがないようにしましょう。

また、ビタミンCが配合した化粧品があります。 ビタミンCが入った化粧品も一緒に使用することでニキビの原因となるアクネ菌ができにくくなります。

このページの先頭へ