にきび痕を作らない

にきびができないようにすることも大切ですが、できてしまったにきびの対処方もとても大切になります。

できたにきびの対処法を間違えると、にきび痕が残ってしまいます。 そうすると、肌がデコボコとなったり、月面クレーターのような穴ができてしまいます。

赤く膨らんだにきびができたときには、無理につぶさないことが大切になります。

にきびにはいろいろな種類がありますが、その中でも赤にきびがにきび痕の原因になることが多いです。

赤にきびは肌の表面が炎症を起こしている状態で、そのにきびを無理につぶしてしまうと、にきびの中にある酸化物質があふれだし、さらに肌を悪化させます。

肌が悪化してしますと、にきびができたところが正常な状態に戻らなくなるので、その個所が痕になって残ります。

赤ニキビができた時には、自分で対処するのではなく、病院に行ってそのニキビを対処してもらうようにしましょう。

このページの先頭へ