30代のニキビが再発する原因

まず、ニキビが再発しやすい人の共通点をお話しします。 まず1つ目が、冷え症の人。 2つ目が、腸内環境が悪い(便秘など)人です。

特に、冷え症の人はホルモンバランスが乱れやすいです。 ホルモンバランスの乱れはニキビができてしまうきっかけになります。

また、腸内環境が悪いと腸内で発生した毒素が血液を通じて全身に行きわたります。 そして、その毒素が皮膚まで行きわたると皮膚が炎症を起こし、ニキビができてしまいます。 従って、30代のニキビが再発しないようにするためには、冷え症と腸内環境を整える必要があります。

尚、冷え症と腸内環境を整えるための方法はいろいろありますが、ここでは、冷え症と腸内環境を同時に対策できる方法をご紹介します。

冷え症と腸内環境を整えよう

冷え症と腸内環境は、野菜と果物をたくさん摂ることでよくなります。 尚、野菜は熱を加えない状態で食べるだけでなく、熱を加えた状態でも食べるようにしてください。

野菜はサラダ、ジュース、スープ、煮物などで食べます。 果物はそのまま食べるかジュースにして飲んでください。 野菜や果物には腸内環境を整えるための栄養素がたっぷり含まれています。 また、熱を加えた野菜を食べることで血流がよくなり冷え症も改善します。

具体的には、朝、野菜と果物をジュースにしたグリーンスムージー、夜は、野菜と豆腐や大豆(たんぱく質)が入ったスープを飲むようにするといいです。 グリーンスムージーとスープなら毎日1杯ずつ飲むだけでニキビの再発防止ができます。

このページの先頭へ