20代のニキビ対策を始める

思春期にできるニキビは過剰に分泌した皮脂を取り除くことができれば、ニキビは完治します。 具体的にどんなことをすれば完治するかが知りたい方はニキビを早く治すご覧ください。

さて、20代のニキビの原因ですが、それは肌の乾燥です。 肌が乾燥すると肌の表面は荒れてきます。 肌が荒れると角質がはがれ、毛穴をふさいでしまいます。 この状態で、ホルモンバランスが乱れ、免疫力が低下すると、角質でふさがれた毛穴が炎症を起こし、ニキビができてしまいます。

従って、20代のニキビ対策は肌を清潔に保ちながら、保湿ケアをすることが重要になります。 それでは、実際にどんなお手入れをすれば20代のニキビが完治するかをお話しします。

保湿ケアをしっかり行う

まず、洗顔についてですが、分泌した皮脂をすべて取り除くような洗顔料の使用は避けてください。理由は、肌が乾燥してしまうからです。 従って、一番最初にすることは、余分な皮脂だけを取り除き、保湿もしてくれる石鹸で洗顔するようにしてください。

洗顔がすんだら、さらに毛穴周りの皮膚を柔らかくするためのケアをする必要があります。。 上記で「毛穴が角質でふさがれることでニキビができる」と説明しましたが、その角質により毛穴周りの皮膚は厚くなっています。 毛穴周りの皮膚が厚いままだと、炎症を起こしやすいです。

そこで、その厚くなった皮膚を保湿ケアすることで柔らかくして、正常の厚さの皮膚に戻すことが必要になります。 具体的には、保湿に優れたニキビケア商品を使って水分を補う必要があります。

20代のニキビでは、「余分な皮脂の除去と保湿ができる石鹸」+「保湿に優れたスキンケア」の2ステップで対策するようにしてください。 この2ステップを行ってもらえれば、ニキビは快方に向かいます。

しかし、20代のニキビは再発しやすいです。 そこで、ニキビを治すのと同時に、繰り返しニキビができないようにするための対策も同時に行ってください。詳しくは、再発させないポイントで解説しています。

このページの先頭へ